次世代のリーダーとなるあなたが、仕事の壁を乗り越え、最速最短で、最高の結果を手にするためのヒントを配信!

クレバーでした、と言ってもらえる発言術

クレバーでした、と言ってもらえる発言術
Pocket

仕事の壁を乗り越える実践会
主宰の久田一彰です。

本日のテーマはこちら

クレバーでした、と言ってもらえる発言術

あなたがもし、

全部門長が集まる合同会議に参加、
突然支店長から

「予定になかった議題で15分後に
10分間話してくれ」と振られる。

手帳やノートをペラペラめくりながら、

「はい、えーと、その……」と
しどろもどろになりながらも
何とか発言する。

ホッとしているのも束の間で、
隣にいた先輩から

「何言ってるかわからなかった」
「仕事に対する気持ちもってねーのかよ」

と言われたりしているなら、
仕事の壁を乗り越えられていない
可能性が、大です!

それが会議後には
他部門の専任課長が寄ってきて

「さっきの発言、とてもクレバーでした、
今度BtoBで考えていることがあるので
ぜひ、意見をください!」

部下からは、
「発言がスゴイから
あなたの発言聞いて参考に
私たちも発言します」

と言ってもらえるようになる。

これってよくないですか?
じつはこれってかんたんです。

これを解決する上で大事なことは
「発言する内容を書いておく」ことですが、

中でも重要なことは、
「理路整然と発言する」ことです。

そのための鍵が3つありますので
受け取ってもらえますか?

Point1:オールウェイズ講師モード
Point2:相手にわかりやすく伝える
Point3:アウトプット

会議中突然発言を求められても
何を話していいのか、

話しながら自分でも
「何話したんだっけ?」

と、思考の迷路に入り込んで
迷子になってしまう時があります。

そんな時に、
きちんと準備して発言できると

会議中に視線が集まり
参加者も、うんうんとうなずいてもらえますね。

さあ、
あなたも会議で発言するのが怖い
壁を乗り越えて、

会議の発言ひとつで
クレバー! と言ってもらえるように
なってくださいね。

ぜひとも!

「どうしたらいいんだ…」
と悩んでばかりで、
職場で”諦められていた”あなたが、
仕事の壁を乗り越えて
最速最短で問題解決できるから、
上司や同僚のみならず他部署からも
”頼りになる存在”になるための、
考え方をメルマガでお伝えしています。

こちらからご登録よろしくお願いいたします。

無料メルマガ登録フォーム
名前  *
Eメール  *

投稿者プロフィール

久田 一彰
久田 一彰
大手メーカー勤務。
イベント企画・運営に携わる。

上司や先輩から度々呼び出され、
営業部長と面談し
「分かってるか?もう後がないからな」
と言われる。

転勤をきっかけに業務に取り組み、
「九州期待の星」と言われるまでになる。

方眼ノート・PDCAノートに出会い、
Web記事の掲載や社内研修講師も担当。
ついに、2021.4月より会社公認で副業一発OKに!

気が付けば残業の日々。
俺の人生って何なんだろう?

そんなあなたが
残業0となり好きな事に没頭
いつも楽しそうだよね!
となる人を応援する
ハイブリッドワークシフト・
コンサルタントです。

仕事の壁を乗り越える実践会 主宰
【認定】方眼ノートトレーナー14期
フリーライター
福岡県宗像市初のパパレポーター

2020年3月に長男誕生。1児の父。

詳しいプロフィールは
「コチラ」です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)